kojo

30代から恋愛を中心に男を磨くブログ

初心者は相手目線で外見を磨くといい

今回は見た目に関してのお話をします。


これを理解することで大きく女性の反応を変えることができます。


結論から言うと、恋愛初心者は女性目線で見た目を磨いてほしいという事です。

そうしないと上達と目標達成が遅れるからです。

ではお話しします。


初心者は見た目を自分基準で選びすぎている

 

私自身のお話ですが、ナンパを始めたばかり・恋愛初心者の時には服装や髪型、持ち物は自分基準で、自分の好きなものを選んでいました。

最初は自分の好きなものや今持ってるもので何とかしようと思っていました。しかし、今振り返ると時間の無駄であり視野が狭かったかなと思います。


時間の無駄

 

自分目線で選んでいたことによるデメリットの一つ目は、時間を無駄にしたことです。


問題解決に全般に当てはまることですが、ナンパも同じく最初は成功体験が欠かせません。

成功体験があるから自分でもできると確信し、自信がつきます。だからどんどん挑戦していきますし、結果がついてくるため楽しくなっていきます。

つまり最初のうちは成功体験を早くつかんだ方がいいという事になります。


では自分目線で自分の外見を作ったらどうなるでしょうか。


それがたまたま女性にウケるものであればいいのですが、そうでない場合はなかなか相手の女性は反応してくれないわけです。

そうするとおのずと成功体験の機会を逃してしまいます。


もし自分の好みのファッションでも女性を楽しませられるコミュニケーション能力があるなら問題ないです。

しかしまだそこまでの技術がない場合は、女性に合わせてなるべくウケやすいものを選んだ方がいいことになります。

なるべく早めに自信を得ることができ、どんどん成長するからです。

 

視野が狭かった


昔を思い浮かべると視野が大きく狭かったと思います。

自分基準で選んでいるわけですから、当たり前のことなのですが、今思い返すと多くのものに触れる機会を自分で逃していたように思えます。

髪型一つとってもそう。

自分の好きな髪形を見つけたらその髪型か、ほとんど同じような髪形にしかしていませんでした。


これはかなりもったいないかなと思います。


なんでもそうですが、その年代によく似合う髪型やファッションというというものがあります。

なのに、多くに挑戦しないという事はのちのちに「いまではなく、もう少し前ならこんな髪型もできたかもな・・・・」


なんて思う事になってしまいます。

『たまたま美容師に勧められた髪型が気に入るかもしれない』

『ファッション誌で見た服装がたまたま女性受けするかもしれない』

『おすすめされたアクセサリーが、つけてみたら意外にも似合うかもしれない』


世の中にはやってみないとわからないことが多くあります。


なのに、食わず嫌いをしていたり、自分の好きなものだけを食べている状態は非常にもったいないと思います。

 


ナンパで合流した初心者も同じだった


私自身ナンパ合流はたくさんしてきました。

そこでわかったことは外見で初心者かどうかわかるという事でした。

オーラや自身の有無ではありません。

自分の好きなものばかりにこだわっているという事です。

あまりに自分にばかり偏りすぎている印象でした。

相手を楽しませることができるコミュニケーション能力もないまま、ウケにくい外見ではさらに結果は出にくくなります。

結果が出ないわけですから、ナンパでも恋愛でも嫌になってしまいます。


なので先ずは結果を出すことに集中し、自分のこだわりをなくしていくことが大切です。

 

初心者は女性目線の考慮が足りない

 

デートやナンパでも女性と一緒に行動するなら相手目線で物事を考えなければいけません。


もしその女性と関係性ができているのであれば問題ないのですが、関係性も何もない状態ならば自分の要求ばかりでは、相手とはなかなかうまくいきません。

一緒にいて恥ずかしいと思わせたら、それは相手目線で物事を考えていないという事です。

特にナンパでは自分の長所も見られていないわけですし、関係性も全くないわけですから、外見で切られる可能性は普段の出会いよりも大きいです。

だからこそ、相手が嫌だと思う外見にならないようにしなければいけません。

まとめると、以下のようになります。

・恋愛初心者、ナンパ初心者は早めに成功体験を踏み自信をつけるために、女性受けする外見を磨くとかなりベター

・関係性ができていないのに、自分の好身ではない外見の人と一緒にいたいと思う人は少ない

・もしあなた自身の好きな外見を受け入れてもらいたいなら、①自分自身の腕を上げる。②その女性と関係性を作る。を先にした方がいい

 

価値観のすり合わせ


相手目線でファッションを選ぶ際に大切になるのが価値観のすり合わせです。

女性受けする外見が自分の外見と違う場合が多々あります。

そういう時に価値観のすり合わせが必要になります。

何でもかんでも女性目線でいい人も居れば、自分の価値観と大きくずれすぎていてファッションや髪型を受け入れることができないが故に、恋愛やナンパに対するモチベーションがなくなってしまうという人も居ます。


その時に価値観のすり合わせをしていただきたいです。

具体例としては、以下のようなものがあげられます。

・女性受けするファッションのなかに自分の好みのアクセサリーを付け加える

・女性受けする服装の中でもなるべく自分の好みの色から選ぶ

・好きな小物は自分のこだわりのものを使う


つまり自分の好みと相手の好み(相手にウケやすいもの)をなるべく合わせていく作業をしていくという事です。

そうすることで、自分の好みも少し取り入れることができ、恋愛やナンパに対するモチベーションが下がりにくくなるわけです。


もし女性受けする外見と自分の好きな外見が大きく違う場合には、価値観のすり合わせをしてみてください。

 


まずは相手目線で行動すること。
自分の好みの追及は腕を上げてからでも遅くない


仕事でも恋愛でも人間関係において何かをするときにはまずは徹底的に相手目線で行動して見ることをお勧めします。

自分の好みを追求するのはそのあとからでも遅くはありません。


いきなり「ありのままの自分を受け入れて欲しい」というスタンスでは、うまくいくものもうまくいきにくくなります。

特に初心者は圧倒的に自分の好みにこだわりやすいです。

それは相手目線で考えていないことが大きな原因として挙げられます。


結果を出しているのならいいのですが、なかなか思うような結果がでなくて悩んでいる人はまずは相手目線をメインに考えて行動することを意識していただければなと思います。

成功体験があれば大きく自信が生まれます。


そうすればどんどん成長します。

そのあとに自分の好みを追求してみてください。

 

うまくいくように応援しています。

 

 

 

相手の価値観・会話を否定しない

今回は相手を不快にさせない会話『否定しないこと』についてお話しします。


恋愛初心者はおそらく会話で躓く方が多いと思います。

恋愛含め、人間関係では会話がつきもの。

でもなかなか上達せずに困ってる方は多いです。


今回の記事を見て一歩前に進んでいただけたらなと思います。


結論から話すと、相手の会話を否定しないことが大切だという事です。


会話も問題解決の基本を当てはめます。

「プラスの要素を付け足すよりも、先にマイナスの要素を消すこと。」

どんなに話が面白くても、イラッとさせたり、落ち込む気分にさせてしまったら、折角のいい部分がかき消されてしまいます。

そうならないためにも、まずはマイナスの要素を消しましょう。


先にお話ししますが、相手の会話を否定することはマイナス要素です。


会話で苦労している方はぜひ読んで自分のものにしてください。

 

人は自分が悪いとは思わない。

 

有名なデールカーネギーの「人を動かす」の最初の章に『盗人にも五分の理を認める』というものがあります。

ここに警官を撃って殺してしまった死刑囚が出てきます。

 

この方が電気椅子に掛けられるとき言った言葉は、「なぜ俺がこんな目に合わなくちゃいけないんだ。」

というものでした。

最後まで自分の過ちを認めることはなかったそうです。

油田汚職事件に携わっていていた方もそう。海軍用の油田を友人に貸与し大儲けした方がいました。

多くの国民の反感を買った方ですが、それでも自分に非はなかったと思っていたそうです。

 


これからわかることは単純に「人は自分を悪いと思わない生き物だ」という事です。

これはかなり重要です。

よほど向上心がある方や素直な人ではない限り、真っ向から自分の行為や考えを否定されたら、何かしらの理由をつけて、正当化します。


内容がどうであれです。

 


ご自身のことで考えて頂けるとわかると思いますが、見ず知らずの人に自分の服装・考え・過去の行動・ライフスタイル・趣味を否定されたら殆どの場合、嫌な気持ちになると思います。


髪型1つとってもです。

 

これは誰にでも当てはまります。

 


考えれば当たり前のことなのですが、これがあまり理解できていない人はやはり多いなと思います。


相手の会話を否定しない

 

人は自分の考えが正しいと思う生き物ですから、否定することは相手の自尊心を傷つけることです。

しかし、聞いてもないのに相手の話を否定し、自分の意見ばかり言う人が多いです。

否定することにより相手の女性との距離を作ってしまうのですから、かなりもったいないことです。

 

具体例を出します。

例えば相手の女性が職場の人の愚痴を言ったとします。

 


『Aさん嫌で嫌で仕方ないんだ。この間耐えられなくて返事無視ちゃったんだよね。』


ここで多くの人は、まずは否定から入りたがります。

さも自分が正しいかのように、男性であれば立派な考え方を誇らしげに披露するかのように。


・「人の悪口は言ってはいけないよ」
・「いくら嫌でも返事は人としてすべきだと思うよ」
・「嫌だっていうけど、世の中には嫌なことなんていっぱいあるよ。」
・「仕事なんだから嫌な人はいて当然でしょ」

…etc。

 

人は認めてもらいたいという欲求からとにかく話したがる傾向にあります。


無意識に相手の話に口を出してしまいがちです。


特に恋愛初心者の男性は女性にいいところを見せたいという気持ちが強く、相手の話を否定して正しい意見を述べる人が多いです。


厳しいことを言いますが、これでは異性でも同性でも、いい気分になる人はあまりいません。


シンプルに考えて、恋愛では相手の女性が「自分とまた会いたい」・「またこの人と話したい」と思わせれば勝ちです。


『自分の間違いを正してくれる男性なんだ。かっこいい。また会いたいな』と思うでしょうか?

それよりも否定されれば嫌な気持ちになり、とにかく自分の意見を正当化しようとする人がほとんどです。

口に出さなくても正当化します。

そうすれば一緒にいたいと思う気持ちもなくなりかねません。


もちろん会話はアドリブですし、人間関係はケースバイケースですから、一概に全て否定してはいけないとは言いません。
例えば本当に困っていてアドバイスを求めている場合は、相手の意見を否定しなければいけない時もあると思います。

しかしそうでない会話の場合、ほとんどは否定することによるデメリットが大きいです。


女性も男性も自尊心が傷つけられれば不快な思いをします。

そして心を閉じます。


ナンパやネットで出会った場合は、お互いのことを知りませんから、不快な感情を作ることはすぐに連絡を切られる原因にもなります。


なのでまずは、「人間というものは自分の意見を正しいと思う生き物だ」ということを認識していただければなと思います。


相手の会話を否定してこちらが正しいことを言っても、尊敬の念を覚えることはまずないと考えた方がいいです。


まずは相手の話を聞いてみるというスタンスが大事です。

 

人は心を開いた時、自分の失敗を話す時がある。

 

否定しないでほしいと話しましたが、まだ続きがあります。


人は相手に心を開いた時、自分の過去の過ちを話す時があるという話です。


恐らく経験があると思いますが、信頼している先輩や友人、家族には自分の失敗談を話したくなる時があると思います。

「自分を認めてもらいたいと思う気持ち」からこのような行動に出ます。


男女間でもよくあります。


相手の女性がこちらに心を開いた時、過去の過ちを話す時があります。


・浮気経験
・自分の短所
・今までの恋愛失敗談

…etc。

失敗談ですから、もちろん共感したり肯定したり出来ない内容であることが多いです。


浮気を例にとります。
普通、目の前の女性に好意を持ってるのに、浮気経験に対して共感も肯定もできる人はあまりいないと思います。

・共感したら自分も付き合った時浮気されるのではないか
・共感したら自分も浮気する人だと思われるのではないか
・そもそも浮気相手に嫉妬してしまう
……etc。

色々な考えがあると思います。

 

こういう時、何故俺に浮気経験なんて話すんだ?と思う気持ちがあるかもしれません。

しかし、これは相手の女性がこちらに心開いている証です。


なので同じように否定しないでほしいなと思います。


否定すれば開きかけた相手の女性の心は閉じます。


また、相手の女性が自分の失敗を受け入れてくれるのか試している時もありますから、相手を否定することは大きな失敗になりかねません。

 

無理に共感したり肯定する必要はありません。

その前にまずは相手の価値観や失敗談を否定しないでいただけたらなと思います。

 

まずは相手の話を聞くこと


人は失敗もたくさんしますし、価値観も人それぞれ。


あなたにもあなたの価値観があると思います。

自分の価値観を押し付けたり、人の価値観を否定するのではなく、『まずは聞いてみる』というスタンスを取ってほしいなと思います。

否定しないと言う事は、相手の話を聞くという事です。


多くの価値観に触れることで、自分の偏見が取り除かれたり、視野が広がったりとメリットはたくさんあります。

 


自己成長もかねて「相手の話や価値観を否定せず聞く」というスタンスを取っていただけたらなと思います。

そうすればあなた自身の成長にもつながりますから。

魅力的な男性になる一歩だと思って実践していただけたらなと思います。

うまくいくように応援しています。

気持ちは常にリラックス。努力するということをやめる。

今回は常にリラックスし、何かをするときには努力するというイメージをやめてほしいというお話をします。


行動するのはいいのですが、努力しようと思わないでほしいということです。

恋愛含める問題解決に慣れていない人に向けてのお話です。

これを身に着けると、無駄なストレスを抱えたり、無駄なエネルギー消費がなくなりますし、落ち込んだりする機会も減ります。

具体的にお話します。


努力のイメージ


あなたは「努力」という単語を聞いたらどんなイメージがわきますか?

「頑張ろう!!」と気合を入れている姿でしょうか?

血眼になってノートに何かを書いているイメージでしょうか?

それぞれたくさんのイメージがあると思います。

私は上にあげたようなイメージが丸々想像できます。

「何とか頑張ってやるぞ!!」とか、「いつも気合を入れ続けてやる!」とか体に力が入っている状態で、さらに気持ちも高ぶり続けているイメージがあります。


私が今回お話するのはこの状態をやめてほしいということです。


努力しようと思うことによるデメリット

 

努力しようと思うことによるデメリットの一例を挙げます。

・気持ちが高ぶっているため、思考が回らない→原因探しや反省を怠ってしまう

・感情の高ぶりと体に入る力によって無駄なエネルギーを使ってしまう

⇒普通に行動するよりもエネルギーを使っている(上記二番目)のに、思考が回らないため反省せず、結果が出にくくなる(上記一番目)。
そして「俺はこんなに頑張っているのに何で結果が出ないんだよ!!………」とイライラしたり、自己嫌悪に陥る。

・一時、やる気を入れると体は逆に力を抜こうとしてしまい、少し時間がたつとやる気がぐんと減る。(暑くなったら体は汗をかいて冷やそうとするのと同じように、体は熱が入ると元か元以上に戻ろうとします。)

…etc。

受験勉強でも、仕事でも見てきた「頑張っているのに失敗してしまう人」の特徴です。

もちろん問題解決ですから恋愛にも当てはまります。


ナンパや恋愛でこのような失敗を犯してしまう人も多かったです。


「自分はこんなに頑張っているのに、何で思うような結果が出ないんだよ…」

と嘆いてしまう人です。


常に気持ちはリラックス、平常心


なので常に気持ちはリラックスしてほしいなと思います。

「ナンパの腕をあげたい」、「相手を魅了できるように腕を挙げたい」、「沢山の出会いを作りたい」

…etc。

様々な思いがあって様々な行動をしていると思われます。


そんな時にやることはただ一つ

「リラックスして、試行錯誤」です。

〇〇をやってダメだったら、次回反省点は繰り返さないようにして、別の方法を試してみる。また失敗して……今度は成功して、また次の壁にぶち当たって……次第に腕が上がっていって……。


何をするにも試行錯誤です。

この時に必要なのは、動くことと、頭を働かせることですね。


この二つをやり続けるベストな気持ちの持ちようは「リラックス」です。

ただひたすら平常心で目標を見続けることです。

リラックスすると思考力はぐんと上がります。

何故駄目だったか考えるスピードが上がります。

「努力しよう!」とか「絶対に目標を達成してやるんだ、うおーーーーー!」とか、このような気持ちは持たないでほしいなと思います。

体に力が入っているので、落ち着いて考えることができません。さらに余計なエネルギーを使ってしまいます。


成功は失敗ありきですから、失敗は反省しつつ軽快に、ただひたすら軽快に動き続けていただけたらなと思います。
そうすると目標を達成するスピードもかなり速くなります。

平常心ですからもちろん落ち込むのもおすすめしません。感情を動かしても現状は解決されませんし、むしろ時間の無駄なので悪い方向に行ってしまいます。
落ち込んでいるときは反省をすることもできませんね。

落ち込んでる暇があるなら、平常心に戻し反省して動き続けてくいただけたらなと思います。人生はそんなに長くないですから。


これらのことは、仕事や勉強等の問題解決にも当てはまります。

とにかくいつもリラックスすることを心がけてください。

余談ですが、私自身は努力という言葉も使うことがあんまりありません。それは常に体に力を入れないようにするためです。

たまに、自分のなりたい姿をイメージしたり、自分のなりたい憧れの姿を見ると、「頑張ってやろう!!」とか、「同じようになってやろう」という気持ちになってしまうことがありますが、この時も注意して体の力を抜いてほしいなと思います。

情熱は沸々と燃やしつつ、体はリラックスして気持ちを落ち着けるようにしてください。

気持ちが高ぶりそうになったら、深呼吸して別のことを考えるようにしてみることをお勧めします。

行動する、「ただ試行錯誤する」という気持ちで問題解決に向かうといいですよ^^

とにかくリラックスが基本です。

うまくいくように応援しています。

思考を停止させないこと、何かの情報に縛られないこと

 今回は思考を停止させないこと、何かの情報に縛られないことについてお話しします。


このスタンスでいれば、多くのチャンスを得ることができます。

恋愛初心者からちょっと成長した方に向けてのお話です。

恋愛含め、色々なことに応用できますので、ぜひ参考にしてください。

 

結論は目的を明確にして、手段は柔軟に常にアンテナを張り続けて欲しいということです。

思考を柔軟に動かし続け、思いついた自分のアイディアに自信を持ってほしいです。
色々な手法があり、やり方は無限大なので、一つの情報にこだわらず、手段を変え続けてください。


具体的にお話しします。

 

初心者は何かの情報が唯一のものだと思ってしまう


何かを始める時、最初のうちはやはり何かの情報に頼ってしまいます。

それはそれでいいのですが、いつでもその情報だけが唯一の手段だと思わないでいただきたいなと思っております。

 

例えば出会いに関して。

 

一例として恋愛の商材や、本で、今の時代の出会いは、

 

・マッチングアプリ
・ストリートナンパ
・クラブ
・パーティー
・異業種交流会
・街コン
・合コン

があるという情報を得たとします。

 

また、他の例としてマッチングアプリの攻略法の商材を買ったとします。

そうすると、今あげた出会い方(手段)にだけ固執してしまう人がいます。

前者は

・マッチングアプリ
・ストリートナンパ
・クラブ
・パーティー
・異業種交流会
・街コン
・合コン

に拘り、

後者はマッチングアプリにばかり固執してしまうことです。

はじめはその手段を第一に動いていいのですが、ある程度結果を出し始めたら、
それだけに固執せず、柔軟に動いていただきたいです。

その手段に固執し続ける必要はありません。

今あげた手段も何かしらの目的があっての手段ですね。

・多くの女性と関係を持ちたい
・理想の彼女が欲しい
・多くの女性と接して、モテる様になりたい

などなど人それぞれ様々な願望(目的)があってのことだと思います。


主に、はじめから商材を買ったり、情報を仕入れる人に起こりがちなことが、その情報のみに固執することです。


それでは他の出会い(手段)を知らぬ間に逃している可能性があります。


出会いに関していうと他にも、

・ハロウィンやカウントダウンのイベント
・店員ナンパ
・学祭ナンパ
・納涼船
・海ナンパ
・花見ナンパ

など様々あります。

 

それだけではありません。

 

学生が好きなら、学生街でナンパすればいいですし、ハイスペックが好きなら港区でナンパすればいい。きれい目が好きなら表参道でナンパしてもいい。

 

ネットの出会いもマッチングアプリにこだわらず、ツイッターや、インスタグラムで出会う方法もあります。

実際にSNSでオフパコ募集する人もいますし、youtubeで有名になって女性と知り合う人もいます。

ナンパも新宿や渋谷、池袋の都心に拘らずとも、郊外でも、地方でも、お店の中でもいいわけです。

ご飯を食べに行ったお店にたまたまタイプの女性がいれば連絡先を渡すのもありです。

私の知り合いの方は、昔飲食業のホールスタッフをやっておりました。

その人は、お客さんと仲良くなり、リピーターを何人もつけていたそうですが、そのお客さんとも沢山の関係を持っていたそうです。

つまりやり方は無限大だということです。


商材を買ったり、本を買って情報収集することは、手段を増やす方法です。目的を早く達成するための方法を得るわけですから続けていただけたらなと思います。

しかし、それだけが唯一のものだと思って固執しないことが大切です。

情報を収集しつつも、自分の思考を続け常に手段は無限だと自分の中にアンテナを張り続けていただきたいなと思います。

そうすれば、どんどん自分の目的を達成するスピードが速まります。

世の中にやり方は無限大で、時代とともに変わるもの。(ネットがいい例)
だから常にアンテナをはり、手段を柔軟に増やすこと


なので常に商材や本の情報が唯一のものだと思わずに、いくらでも手段はあるのだというスタンスでいていただけたらなと思います。

 

そのために、自分の目的(目標)をまずは明確にしてほしいです。

そして、自分が「あ、これいいかも」と思いついたらどんどん挑戦し続けていただけたらなと思います。

 

そうすれば、出会いに関しても、モテに関してもそうですし、仕事や勉強など他の問題解決をする時でも目的を達成するスピードが早まります。

 

成功は失敗ありきですから気楽に肩の力を抜いて、常にアンテナを張って動き続けてくださいね。

 

問題解決には思考と行動をし続けることが大切です。

 

上手くいくように応援しています。

相手の感じ方が大事

今回は人間関係でよく見てほしいポイントについてお話しします。

 

『相手の感じ方を大切にすること』です。

 

かなり初心者向けのお話しになります。


これを身に着けることによって恋愛初心者の人はだんだんデートやナンパなど女性と接する場面でやらなければいけないこと、改善しなければいけないポイントが見えてくると思います。


広く人間関係にも当てはまるのでぜひ参考にしてください。


結論は『相手の反応をよくみて、行動すること』を心がけて欲しいということです。

ご説明します。


初心者の失敗点

 

初心者の人は、『自分のやりたいこと』、『やらなきゃいけない』と思っていることを優先してしまい、『相手がどう感じるか?』を忘れがちになる人が多いです。

 

これは不安から手段に頼ってしまい、いつの間にか手段と目的を間違ってしまうからです。

 

特に恋愛初心者はデートをしていて自分の労力が空回りしてしまう経験がおそらく多いと思います。

例えば、
・相手にご飯をおごる
・優しく口調で話すようにしている
・初対面は敬語で話すようにする
・荷物は全部持ってあげる
・デートは常に、高いお店に連れて行く

自分が大切にしていることや、相手に対する気遣いを意識してのことです。

 

でも、


・男性として見られない
・なかなかデートではうまくいかない
・相手の反応が悪い
・相手が楽しんでくれない


思ったようにいかない方がいると思います。

 

ここでの大きな問題は「自分がしたいこと・してあげたいこと」と、「相手がそれをやられた時の感じ方」
にギャップがあることです。


極端な例を挙げます。

 

デートで毎回男性側が奢ったとします。

この場合男性側は、
「デートで奢ることは優しさだから、好印象を持ってもらえるだろう」と思っていたとしても、女性側は「毎回奢られていたら、申し訳ないし、相手の財布のことばかり考えてしまい、リラックスしてデートできない」と考えていたとします。

 

もちろん、女性側はこの場合マイナスの印象を持っているわけです。

 

デートで『女性を惚れさせたい』、『女性側が一緒に付き合っていたい』と思わせたいなら『一緒にいて居心地がいい』や、『ストレスになる様な感情がわかない』など女性側にプラスの印象を持ってもらうことが大事になってくるわけです。

なのに、自分が良かれと思ってしたことが逆効果になり、相手が好印象を持たないことがあります。


気を遣うこともそうです。

 

優しい口調で話す、気遣いを忘れない等
相手のことを思って気を遣う男性はいますが、これも相手の感じ方が大切です。

『優しい男性として見てもらいたい』、『相手が疲れないようにしなければ』など自分ではいいと思ったことでも、
何回も「体調大丈夫?」と聞かれたら『鬱陶しい』と感じてしまうこともありますし、変に媚びを売っているように感じられることもあります。

優しい口調で話しても『男性として見られない』、『こっちまで気を遣ってしまう』と感じさせてしまうこともあります。
そうすれば相手はあなたにいい印象を持ちませんね。


つまり相手がどう感じるかを優先しなければいけないということです。それがそれをする目的だからです。

優しくするのも、気を遣うのも手段です。相手が好印象を持つことが目的です。
目的が達成されていなければその手段は手段ではありません。

自己満足です。

気遣いをすることが目的ではないのに●●すればいいだろうと考えると、いつの間にか●●が目的になってしまい、肝心の最初の目的を見失ってしまいます。

 

なので『相手に好印象を持ってもらう』、『男性としてみてもらう』等の目的をきちんと明確にすることが大切です。


もう1つ例をあげます。デートの当日天気が悪かったとします。

これで気分が落ちる人がいますが、実際はそれ自体が問題ではありません。

天気が悪いことによって、デートが上手くいかず、相手が楽しくない思いをすることが問題です。

なので、雨が降ろうが雪が降ろうが、例えばプラネタリウム行くなり、水族館に行くなり、相手を楽しませるように手段を変えればいいのです。


手段と目的を間違ってはいけません。


ですから、逆にお話しすると、どんな高いレストランに行っても、高級ホテルに泊まっても、遠くの遊園地に行っても、相手が
・つまらない
・疲れる
・退屈
・居心地が悪い
など

悪い印象を持てばそれはただの自己満足になってしまいます。高いレストランに行っても、相手を楽しませたり、居心地をよくする様にこちらが振舞わなければいけません。


服装も同じ。どんなに高い服を着ても、相手がダサいと思ったら自己満足です。


特に初心者の人は、手段と目的を間違えがちです。

 

上手くいくかわからない不安から〇〇をするといいという情報に頼ってしまい、その〇〇という手段に固執してしまいがちになります。

 

もっと柔軟に手段を適宜変えることができるようになっていただければなと思います。


レビューの高いレストランが予約いっぱいで連れていけなくても、空いている安いお店で相手が楽しんだり、満足すれば目的は達成されます。

常に何をするにも目的を明確にして頂けると成長スピードも速くなります。

ご飯は奢ればいいだろう、レビューの高いお店に連れていけばいいだころと惰性で物事を考えていると上手くいくものも上手くいきにくくなります。目的を忘れてしまうからです。

相手の反応をみて行動すること

ですから、女性関係や人間関係で上手くいかない人は、相手の表情や反応を見たり、意識して、『どう感じているのか?』を考えるようにするといいです。

最初のうちはこの行動は非常に疲れます。そして、あまり相手の心情が読めないと思います。
しかし、続けていくうちに、『相手のこの様な表情ではつまらないんだろうな』とか『退屈しているんだろうな』等、経験で相手が何を考えているのかが掴めてきます。

なので、
・相手の表情をよくみる
・相手の立場になって物事を考える

をまずは意識していただければなと思います。

 

常に相手目線で何かをするようにしてくださいね。

 

上手く行くように応援しています。

 

アドバイスをもらって逆にうまくいかなくなる人、情報収集して逆に悪い方向へいく人に伝えたいこと。


今回はアドバイスをもらったのに逆にうまくいかなくなる人、
本やツイッターで情報収集したのに逆に悪い方向にいってると思った人に伝えたいことをまとめました。

 

ナンパや恋愛に限らず、仕事、勉強等問題解決全般に当てはまります。


よく、『せっかくアドバイスもらったのに逆にさっきより悪くなってない?』
とか、
『色々な情報収集したのに最初より悪くなってない?』

なんて方いると思います。


結論を言うとこの人たちに言いたいのは自分の頭を使って考えて行動していれば、前に進みますので今の状況を無理に直す必要はないです。なぜなら失敗した時学ぶため、動き続けていれば目標を達成できるからです。(思考停止に陥ったらその時点で問題解決には程遠くなるので注意。)

 

しかし、より早く目的を達成したり、なるべく失敗を減らす方法もあります。 特に期限のある仕事ではなるべく早く目的を達成しなければならないはず。

 

何故このようなことになるか理解する事で、一々『俺はダメなんだ』とか『俺は不器用なんだ』とか落ち込まなくてすみます。

理解してから応用を効かせると成長スピードが早くもなります。

 

 

なのでこちらで学んで頂ければなと思います。

 

何故このような事が起こるのか?

 

結論ですが、何故このようなことになるかと言うと、手段を達成する事が目的になっているからです。

 

例えば恋愛では、主導権を取った方がいいと言う情報をアドバイスツイッター、商材で学んだとします。

そうすると、いつの間にか主導権をとることばかりに頭が回って、相手を惚れさせることを忘れてしまいがちになります。

最終的に主導権を取って自分の立場を上にすればいいのですが、それを忘れて、相手がいじってきたからイライラしたり、
変なプライドを持ってしまったりする失敗例があります。

変なプライド持って怒ったりすればマイナスですし、主導権をとるためにいじることしか頭になければ、相手を褒めたり、ユーモアのあるトークを忘れがちになります。


主導権を取るということは相手を惚れさせるという目的を達成するための1つの手段にすぎません。

そして最終的に自分が主導権を取ればいいだけで、最初は相手にとられれててもいいのです。また、女性の立場が上のカップルもいるように、主導権をとらなくても一応恋愛は成り立つことがあります。(もちろん主導権は取った方がいい事が多い)

 

なので、手段達成=目的達成と思わないでほしいなと思います。

 

金槌で木に釘を打つ時を例にとると、金槌を使う事が手段で目的はグキを綺麗に平らに打つことです。

釘のないところに金槌を打てば木が壊れてしまいますし、金槌で打ち過ぎれば釘が刺さりすぎて汚くなります。脇から釘を打てば釘が曲がってしまいます。

また手段は一つだけではありません。目的が達成できればいいのですから、凍ったバナナでも釘が綺麗に打てればいいのです。


手段は目的を達成するために、理解して使わなければいけません。

 

ではそのためにどうすればいいのか?


結論は手段を目的にしない事です。

 

具体例の一部をご紹介します。

 

行動でいうと

 

・「はじめは情報収集ではなく、まずやってみて自分の頭で考える」というスタンスをとる

 

・手段を取る理由を明確にする

 

気持ちでいうと


・アドバイスをもらう際に、ただ相手に言われたことをやればいいと思わないこと

・「何故そのような手段を取ると目的を達成しやすくなるのか」きちんと理解すること

・アドバイスをしてくれる人の意図を理解すること

・目的を達成する事が最終ゴールで、手段を100%達成する事がゴールではないと意識する事

・(アドバイスを受けて悪い方向にいく場合は)手段はガチガチに使わなくても、また、アドバイスをガチガチに聞かなくても目的は達成できるものと知る事

・情報収集して失敗する場合は、手段を最悪使わなくても目的は達成できる事もあると知る事

・手段を100%達成したからといって目的が必ずしも100%達成できるものではないと知ること(情報の質によりますが逆に情報や手段を100%達成すると目的が達成されにくくなる場合もあります。例えば恋愛は優しくしすぎない方がいいと聞いた時に、女性を雑に扱いまくったとします。
結果、悪い方向にいくことはわかると思われます。)

 


まとめ

 

まとめると、いつも『何故このような手段を取ると、目的が達成されやすくなるのか?』きちんと頭を使って考えて欲しいということです。

もちろん最初からうまくいかなくていいです。成功は失敗ありきと割り切り、気楽に頭を使いながら動き続けて頂ければなと思います。

 

 

上手くいくことを祈ってます。


質問や感想はDMやコメントまでお願いします^ ^

感想、質問(Bさん)と回答(私)1

今回は頂いた感想、質問(Bさん)と私の回答を載せます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

Bさん________________________

 

初めまして。いきなりなのですが質問させていただきたくDMさせていただきました。

アポの際次の日早いから帰ると言われた際はその日は諦めた方がいいのでしょうか?
それとイジられた際の対応としてはどのような対応が正解なのでしょうか?

お手数おかけしますがご返信お待ちしております。

 


私_______________________

 

初めまして、○○さん。お問い合わせありがとう御座います。
長らくお待たせしました。お待ち頂きましてありがとうございます。

ご回答に移ります。

まず、ご回答の前に2点お知らせいたします。
①女性関係含めて、物事はケースバイケースで対応しなければいけない時が多いです。行動や勉強ははとても大切です。素晴らしいです。しかし、初めのうちからテンプレートを求めようとするとうまくいかないことが多いです。
ですから『この場合にはこれをすると可能性としてうまくいきやすい』という手法だということを頭に入れておいて頂きたいです。

ナンパも女性関係も人間関係も数をこなすと、例外というものや、状況に対する臨機応変に動ける力は必ず身につきますので安心してくださいね^_^

2つ目
状況の詳細が記載されていないため、私が予測する場面での回答になりますことをご了承ください。その女性に対して、何を求めるかによっても行動は変わって来ますし、その場の雰囲気、自分と相手の関係性、相手からどう思われているかによってもだいぶやるべき行動が変わって来ます。
ですから、私が予測する状況場面での回答をさせて頂きます。

まず、1つ目の回答から。

状況
ナンパ

相手との関係性
その日に初めて会う

目的
即ホテル

自分のスキル
初心者

この場合の回答をさせて頂きます。
結論を言うと、『グダの可能性が高いため、相手の意見をきちんと聞き、大丈夫そうなら狙いましょう』
もし、準則を狙えるのであればそれでもよろしいです。しかし、相手の意見をきちんと聞かないと本当に嫌なのか、ただ単に自分の家で寝たいだけなのかわからないからです。
具体的に、『次の日は早いから』と言われた時の成功パターンをご紹介します。
これはあくまで一例だと言うことを頭の中に入れておいて頂きたいです。

男 『2件目行こう』

女 『次の日は早いから』

男 『何かあるの?』

女 『次の日仕事なんだよね、朝早いし、自分の家で眠りたい…』

男 『じゃあ(女)の家で飲もっか』

女『えー』(そんな嫌がってない)

男『ちょっと飲んですぐ寝ようよ、今結構楽しいからまだ話したいんだよね』
→そのままタクシー→家

このようなパターンです。

このグダがある状況下での成功要因は、3つ

①あらかじめ食いつきを上げておいていた
②主導権を取っておいた
③テンポがよかった
です。
グダの場合は、相手の意見をきちんと聞くことはもちろんのこと、その前で主導権を取っておくことや、食いつきを上げておくことが大切です。

2つ目の回答
いじられた場合の対応について

これに関しては沢山やり方があります。そして状況や内容によってもだいぶ変わって来ます。ですので、ここでは簡潔にまとめさせて頂きますね^_^
結論は
1笑顔でスルーして、後でいじり返す
2自信を持ってユーモアに変え、いじり返す。
3わざと凹んだふりをする→いじり返す
などなど本当に様々なパターンがあります。

まとめて言うとユーモアを見せたりして、乗り切るのが初心者にはやりやすいかなと感じます。ですのでこのパターンでご紹介させて頂きます。

では例をあげます。
女『そのアクセサリー〇〇のアニメに出て来そうだよね(笑)』
男 『まぁ確かにね。だって俺が、モデルだからね。あの時は取材とか来て忙しかったなー。

ってかお前のそれも〇〇に出て来そうじゃんか』
→いじり返していく。

この様に話を変えていきます。

この切り返しが面白いかは別としてください(笑)

大切なのは
①テンポ
②いじられた時に感情を動かされない自信
③いじり返し
等です。

これももちろんテンプレートの様に、誰でも同じ場面でやればオッケーという話ではないということは頭に入れておいて頂きたいです。

いじられにかんして、
お話しすることは2つ
1怒らないこと
2あまりに酷いいじりではない場合、そこまで気にしなくていい

この2つです。

合わせてお話しします。

場合にもよりますが、初心者の場合は主導権をとることばかり頭にあり、いじられることを極端に嫌います。
しかし、最後に主導権を取ればいいだけであって最初の方にちょっといじられても、そこまで気にする必要はありません。
(もちろんなるべく避けたほうが主導権は撮りやすいです)
そして、心に余裕がなくなり、イライラしてしまう人が結構います。

しかし、最初にいじられても、後からいじり返したりする方法で、主導権をとることは可能です。

ですので、そこまで極端に嫌がる必要はありません。

以上、簡潔に書かせて頂きました。正直全パターンを書き上げると終らなくなります(笑)ですので、まずは簡単にまとめてみました。

ぜひ参考になれば幸いです。

P.S
平日は仕事の割合が多く、ご返事できないことがあるかもしれません。
土日までお待ちいただけると大変助かります😊

 

Bさん________________________


丁寧なご回答ありがとうございました。
これからの経験に必ず活きるものだと確信して今から試したくて仕方がありません!笑

失礼だとは思うのですが続けて質問させていただきたいです。

LINEで連絡を取る際どういった対応をとればいいのか、アポをバックれられない為にはどういった対応をとればいいのかがいまいち分かりません。

というのもアポは簡単にとれるのですが当日にバックれられたり、キャンセルが最近かなり多いです。
LINEでも常にPUAの対応を意識した方がいいのか、それともそこまで意識する必要がないのか、どういった内容がきたらスルーすべきなのかがあまりイメージが湧きません。

長くなりましたが答えていただけると幸いです。

お返事お待ちしております。


私________________________


やはり詳細が記載されていないため、こちら側の憶測になりますがご回答させていただきます。

>>LINEで連絡を取る際どういった対応をとればいいのか、アポをバックれられない為にはどういった対応をとればいいのかがいまいち分かりません

この場合は、LINEのやり取りに問題がある場合が多いです。
ガッツきすぎていないか、相手に負担になるようなLINEを送っていないかご確認ください。
「絶対明日会おうね」等。

また LINEのやり取り以外で。

女性はやはり気分屋の人が多いです。
でも来ないのには自分のLINEにまだまだ魅力が足りないものと思っていただきたいです。魅力を上げれば、もっとバックレ率は低くなります。

また、バックレ防止の方法としては、LINEのやり取りで約束を取らないことがあげられます。
具体的には電話、直接言う
です。

人は、メッセージで言われるより、直接言われた方が「きちんと約束した」と意識するため、「守らなきゃいけない」と意識しやすくなるからです。もし直接が厳しいなら、電話で話してみてください。

>>LINEでも常にPUAの対応を意識した方がいいのか、それともそこまで意識する必要がないのか、どういった内容がきたらスルーすべきなのかがあまりイメージが湧きません。

これに関しては、回答しづらいです。
詳細が記載されていないためよく理解ができませんし、回答基準があいまいです。

ただいじり等はやって見ても問題はありませんし、ウケる場合が多いです。

ひとつ注意点は、いじりでも、相手の顔が見えていない場合は、冗談に聞こえない場合があります。

ですので、自分の言葉は相手に誤解なく伝わるかよく読み返して送るように意識してください。

まずは試行錯誤と自分で最大限考えることを意識してみてください。そうすると、成長が早いです^^

 

Bさん________________________

 

ありがとうございます。大変為になりました。

今日もアポがあったのですがKojoさんのツイート等を参考にして自分なりに手応えはありました。

準即には相手の都合により至りませんでしたが次に繋げられると思います!!

最後にKojoさんはLINEは常に素でいますか?また、LINEで気をつけていることはなんでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないです。


私________________________

 

それは大変うれしいことでございます。初心者のうちは試行錯誤することを意識してどんどん失敗してくださいね。

>>最後にKojoさんはLINEは常に素でいますか?また、LINEで気をつけていることはなんでしょうか?


今では、自分で意識してやろうと思ってることも素になってしまうほど慣れてしまいました。

初心者のうちは素ではなく、相手に対してこうすればいいだろうなという事を考えて実行→失敗です。
ここから学んでください。

LINEで気を付けてることは誤解を生まないことです。
誤解を生むと致命的なことになりかねません。
直接言う事ではないので冗談も馬鹿にしてるように聞こえたら、相手が不愉快になります。

ですから、誤解は生まないようにしてください。

P.S
きちんと考えて行動し、経験をつまなければ成長はしません。調べるよりもまずは自分で考えて経験値を積むことを先にしてくださいね^^


Bさん________________________

 

ありがとうございました!